注目を集めつつある断熱リフォーム

断熱リフォームとは昨今の電力料金値上げの流れを受けて、注目を浴びているリフォームの1つです。

何故なら家の主要空間を断熱化することで侵入してくる冷気や熱気を遮断するにより、冷暖房の効率を上げて電気料金の負担軽減や、風呂場で着替える際の温度差によるヒートショックを防ぐ事が可能になって、居住空間の快適化を図ることが可能となるからです。

 

その為、各社が様々な知恵を出して新たなリフォーム工法を打ち出しています。

通常の工法では断熱材の交換となり床や天井・壁を剥がし、古い断熱材を取り出して新たな断熱材を充填する方法になって一度骨組みの状態にしてしまう為、剥がした建材の処分費用や作業に日数が掛かる事が問題となっていました。しかし、新たな工法では壁部分では壁紙だけを剥がした壁に新たな断熱ボードを施行して壁紙を張るだけとなっていて、床・天井も床下や天井裏から断熱パネルを敷くので、廃材の量が圧倒的に減り工期も短縮されて住みながらのリフォームも可能となっています。

他にも居住している空間のみの断熱化でコストを圧縮する方法等、ニーズに応じた様々な工法が存在するので、様々な会社を検討して最適なリフォームを選択したいものですね。