お勧めの断熱リフォームについて

近年、光熱費を節約するために、断熱リフォームを行う家庭が増加傾向にあります。

断熱リフォームとは、建物の気密性を上げ、外からの冷気や熱気を入れないようにするためのリフォームです。

断熱リフォームは、特に古い家に施すと、かなり高い効果を感じることができます。

古い家は通気性が良い反面、冬の寒さがダイレクトに入ってくるため、暖房がききにくい点がネックです。そのような古い家屋に断熱リフォームをほどこすことで、ストーブやヒーターの熱効率が上がり、家中ムラなく温めることができます。熱効率をあげることによって、ヒートショックを防ぎ、高齢者の健康維持にも役立ちます。

実際にどのようなリフォームがあるかというと、壁や屋根にフォーム状の断熱材を入れることで、家屋の断熱性は向上します。古い家屋では、このような断熱材が使用されていない、または劣化して効果が低下していることも多く、断熱リフォームで断熱材を入れることによって、格段に家の断熱性能が向上します。

又、気軽にできる断熱リフォームとしては、窓を二重窓にするのがおすすめです。窓から出入りする熱気や冷気を防ぐことで、冷暖房効率が上がるため、非常に費用対効果の高いリフォームとして人気です。