新築して、気持ちも新鮮に

都会の賃貸マンションから郊外の新築一戸建てへ引っ越しました。生まれてから今まで、新しい家に住んだことがなく、どこもかしこも新品であることが不思議にすら感じました。
予算の都合で高級なお家ではなく、床暖房や浴室乾燥機は諦めたのですが、それでも新築というのは特別な価値があるように思います。長年の汚れやホコリ、カビなどもないので健康面で安心できるし、何より今までより広い空間が遠慮なく使えてしまうことには感慨深いものがありました。
住み始めてほどなく子供が幼稚園に入園し、家庭訪問がありました。一通り話し終わった後、帰り際に先生が突然「お母さん!」と強めの声を出されたので、なんだろうとドキドキしていたら、「新築のにおいがします!」と嬉しそうにおっしゃいました。まさか先生にまで喜んでいただけるとはと驚きました。
住んでいる家族だけでなくお客様に喜んでいただけるために、今の美しい状態を保たなければと決心する出来事となりました。